矯正でキレイな歯並びに。子供の笑顔を咲かせよう!

子供の矯正歯科ガイド【東京編】HOME » 子供の歯並び矯正で知っておきたいこと » 矯正が必要な歯並びとは

矯正が必要な歯並びとは

こちらのページでは、子供の歯並びトラブル・不正咬合(ふせいこうごう)についてまとめてみました。

不正咬合って、どんな状態?

学校の集団歯科検診などで、お子さんが「噛み合わせに問題が」と指摘されたことはありませんか?

子供の歯並びって「永久歯に全部生え変われば何とかなりそう」なんて、楽観的に考えがちでもありますよね。歯並び自体はきれいに見えても、上下の噛み合わせがずれているケースもあって、「歯医者さんに指摘されるまで気づかなかった」という親御さんも多いかもしれません。

歯と歯の間にすき間がたくさんあったり、乱食い状態で生えていたり、上下のかみ合わせがずれていたり…などなど。

このように、歯並びや噛み合わせにかんするトラブルを総称して、不正咬合(ふせいこうごう)と呼ばれています。

気になる子供の歯並び症例

それでは、おもな不正咬合の具体的な症例をリストアップして解説したいと思います。

■ 叢生(そうせい)…歯が凸凹やガタガタに生えている状態のこと。

歯の大きさに比べてあごが小さいことや、乳歯の虫歯などが原因とされています。現代っ子は顎が小さくなってきているともいわれていて、不揃いに歯が生え揃う子が増加。八重歯も叢生の一種です。

■ 上顎前突…出っ歯

出っ歯は、「遺伝が原因」というイメージが強いですが、それだけではありません。成長期に指しゃぶりのクセがあることや、口呼吸なども影響します。歯が乾きやすく、歯周病や虫歯になりやすいともいわれています。また、食べ物をかむとき奥歯に負担がかかりがちで、下あご成長のネックとなる場合もあります。

■ 反対咬合(下顎前突)…受け口

下の歯が上の歯よりも、かみ合わせると前に出ている状態。つまり、噛み合わせが反対になっている状態です。下あごに原因がある場合、下顎がどんどん成長しないように、なるべく早く治療をすることが大切です。

■ 開咬(かいこう)…奥歯をグッとかんでも、上下の歯の間にすき間ができてしまう状態。

口のなかが乾きやすく、虫歯や歯周病のリスクがあります。

■ 過蓋咬合(かがいこうごう)…上の前歯が下の前歯にかぶさる位、深い噛み合わせ。

前歯で食べ物を噛み切るのが難しくなってしまいます。

 
東京山の手・子供の矯正歯科ガイド