矯正でキレイな歯並びに。子供の笑顔を咲かせよう!

子供の矯正歯科ガイド【東京編】HOME » 子供の歯並び矯正で知っておきたいこと

子供の歯並び矯正で知っておきたいこと

このカテゴリでは、歯並びにまつわる子供の悩みを、その症例や治療法などを交えて紹介しています。

歯並びを悪くする原因もまとめてあるので、これからの予防策としても読んでいただければ幸いです。

歯の小児矯正は2パターン

nurseひとくちに子供の歯を矯正するといっても、あごの成長過程などに応じて、大きく2つの治療期に分かれます。

■第1期治療…早ければ3歳~11・12歳くらい

この時期は、あごや骨など、骨格を整える治療がメインとなります。あごが小さい場合は永久歯が生えるためのスペースをつくったり、噛み合わせもよくしたりして、歯の土台を整えます。使用する器具は、寝るときだけつけるマウスピースや取り外せるタイプのプレートなどが中心です。

■第2期治療…10歳くらい~成人

永久歯が生え揃うと、大人と同じように上下の歯に矯正器具を装着し続け、本格的な歯列矯正の治療となります。第1期治療でいい結果が得られた場合、この2期治療がいらなくなるケースもあります。

一般的には、永久歯の前歯や奥歯が出てくる6~7歳くらいから、矯正治療をスタートさせるのが理想といわれています。あごの変形が気になる場合などは、3歳ぐらいから治療を受けることもできます。気がかりなことがあったら、なるべく早く歯科医師に相談しましょう。

 
東京山の手・子供の矯正歯科ガイド