矯正でキレイな歯並びに。子供の笑顔を咲かせよう!

子供の矯正歯科ガイド【東京編】HOME » 子供の矯正歯科選び―東京版― » 技術力は高いか

技術力は高いか

このページでは、子供向け矯正歯科を選ぶポイントとして、歯医者さんの技術力について説明しています。

矯正専門の「認定医」「指導医」が安心

dental矯正歯科に精通しているかどうかを見極めるためには、そこのドクターが日本矯正歯科学会の認めた「認定医」であるかどうかが鍵となります。

日本全国でだいたい2,500人ぐらいしかいないそうで、学会が認めた大学の付属歯科などで、5年以上の臨床経験を必要とされます。

さらに、学術誌に発表した論文の審査など、厳しい条件をパスした先生だけに与えられる資格なのです。

認定医に加えて、より信頼度がアップするのが「指導医」の資格を持つ先生。

こちらの場合は、12年以上の矯正治療経験が必要とされるほか、認定医になった後、大学病院で3年間の教育経験がないと取得できない資格です。日本全国に、歯医者さんが90,000人くらいいるといわれるなかで、矯正歯科学会の指導医はわずか600人ほどです。

気になる矯正歯科を見つけたら、ホームページなどで、ドクターの経歴をチェックしてみましょう。

なおかつ、ホームページで子供矯正向けのページも用意されているなら、バッチリです!

どんな矯正歯科がいいの?

歯医者さんを選ぶとき、口コミや評判を判断材料にしている人も多いと思います。

一般歯科の場合なら、口コミサイトもたくさんあるので情報が集まりそうですが、子供のための矯正歯科となると、専門的かつデリケートな情報でなかなか耳に入ってこないかもしれません。

しかたなく、看板の診療科目に「一般歯科」「小児歯科」「矯正歯科」「口腔外科」などと書かれていることを頼りに、近所のデンタルクリニックに決めてしまう人も少なくないようです。

実は、看板に矯正歯科と書かれていても、在籍しているドクターが矯正歯科の分野で専門性が高いとも限らないんです。

というのも、歯科医師免許を持っていれば、書類を申請して、どの先生でも矯正歯科の看板を掲げられるから。

診療科目の表記順で、一番うしろに矯正歯科と書かれていたら、もしかしたらその先生はほかの治療が得意なのかもしれません(自信のある分野から順番に表記する場合が多いそうですよ)。

 
東京山の手・子供の矯正歯科ガイド